隠しているつもりが一番危険?ムダ毛の失敗。

冬になるとファッションの露出も少なくムダ毛の処理も甘くなりがち。
私の友人の中には「夏は毎日処理するけれど、冬は一週間放置なんてザラ」と語る友人もいる程。
ところが。意外と見えていない(隠している)つもりでも見られているムダ毛があります。
今回はそんなうっかりムダ毛の失敗の数々を綴ります。

1、長袖の下は安心?
発熱インナーに長袖のトップス、コートまで着ちゃうし、腕の毛は少々生えていても大丈夫!
・・・いえいえ、そんなことはありません。
この季節はオフィス・電車・レストランとどこにいても暖房は着いています。
ちょっと暑いな・・・なんてアウターを脱いで腕まくりをしたら最後。うっかり処理していなかった腕の毛がフワリ。
自分からムダ毛を披露なんてことに。

2、ネイルはピカピカ!爪から下は?
クリスマスも近いしネイルも綺麗に!萌え袖(指先だけちょこんと出る長さの袖)から覗く爪を可愛くしておかなくっちゃ。
と張り切っているあなた。爪から下の間接にぽつぽつと指毛が生えていませんか?
腕の毛の処理の延長で指毛を処理する女性は多いもの。
1で紹介したように腕の毛の処理がおろそかになることで、指毛の処理もおろそかになっている事も。
可愛い洋服の袖から覗く指毛。これを見ると百年の恋も冷めてしまうかもしれないので要注意。

3、柄?模様?タイツに潜む陰。
季節的にも年齢的にも生足で外を歩くなんて無いし、スカートをはいてもどうせタイツを履いちゃうし、足の毛が少し生えてても気にしなーい。
・・・見えます見えます。その黒いタイツの下に渦巻くムダ毛。
自分では見えないと思っていても遠くから見ると模様のようにムラが出来ているということも。
さすがにここまで来ると周りの人も気を取られて、目のやり場に困ってしまうかも。

以上3つのムダ毛エピソードを紹介しましたが、思い当たる節がありませんでしたか?
夏ほどではなくとも最低限のムダ毛処理をしながら、心置きなく残りの冬を楽しみましょう!

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>