ドルマンスリーブに油断していたら・・・

最近はドルマンスリーブの服が多いですよね。
夏は特にドルマンスリーブの半袖は身体にピタッとしなくて涼しいので愛用していました。

子供が産まれると脇毛の処理が怠りがちになってしまうのですが、タンクトップなんて着ないし、とそんなに気にしていませんでした。ドルマンスリーブでも袖ぐりが詰まっているのもあるし、割と袖が長いような気がして安心していたのです。しかしゆったりしているのでちょっとしたことで肩の方まで袖が上がってしまっているんですね。油断していました。

その日も外出にドルマンスリーブの半袖、バッグを肩から斜め掛けし子供を抱っこ。慌ただしく買い物などをしていると袖がかなり上の方まで上がっているではないですか!袖ぐりが詰まっているとはいえ腕にピッタリする位の太さではなく少しは余裕があるので丸見えです。最悪な事にその時は伸び放題でした。マメに処理していないと本当に気にならなくなってしまうのです。袖からちょっとはみ出していました、脇毛が。

こんな状態でいつも着ていたのか、とショックでした。袖が長めだ、詰まっている、その安心が良くなかった。その時初めて気付いて恥ずかしかったのですが、後から考えると同じような事が今まで何度あったのだろうと、思い出すだけで恥ずかしいです。どんな時もきちんと処理しておかないと、何があるかわからないですね。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>