あだ名はジャングル毛蟹

学生時代に喫茶店でアルバイトしていた時、一緒に働いていた男性スタッフがビックリする程毛深かったです。
その子(A田君)は大学生で、私よりも一か月後にバイト先に入ってきました。初めてシフトに入る時はその日いるメンバーの前で軽く挨拶をする、というのがバイト先の決まりなんですがA田君が皆の前に現れた時、その場が軽くざわつきました。夏場なので半袖のバイトの制服から見える腕から手の甲、指まで全体的に黒くうねうねと長い毛に覆われていたのです。よく見ると、A田君の首の辺りも腕同様に黒くて触ったら固そうな長い毛が生えていました。
スタッフでもパッと見ただけでちょっと引いてしまう程なんだから、お客様はどうなんだろうか、飲食店なんだし清潔感が第一じゃないんだろうかと思いましたが、店長曰く「毛で差別するのは良くないと思った。礼儀正しくて良い子そうだから雇った」との事でした。確かにA田君は毛の事を除けば明るくて良い子で、心配していたお客様の反応も大丈夫なようでした。
後からA田君とスタッフ数人で話している時に見せてもらったのですが、足もやはり物凄く毛深かったです。腕とか首の毛を剃刀で剃らないの?と聞いた所、剛毛で毛が長いから剃刀がすぐにダメになると言っていました。髭もシェーバーの刃がダメになりやすいから抜いてるけど、数日サボると眉、頬、もみあげ辺りがゴリラみたいになるらしいです。昔から毛深かったようで子供の頃のあだ名は「ジャングル毛蟹」だと言っていました。生きてきた中でA田君よりも毛深い人を見た事がありません。あの人より毛深い人はいるのでしょうか。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>